セラミックスの製造における金属砥粒のいくつかのプロセス

セラミックス製造における金属研磨材のいくつかのプロセス
私たちが知っているように、Metal Abrasivesプロセスはしばしば金属粉末の製造に広く使われていますが、このプロセスはセラミック製造プロセスにおいても不可欠です。 今日誰もがそれを分析する! プロセスの観点から、材料の性能と異なる水分含有量に従って、セラミック成形方法は、グラウト、塑性成形、プレス成形の3つのカテゴリーに分けられる。
グラウチング:グラウチングの原理は、石膏型の毛管吸引によって泥水から水分を吸収することであり、その結果、泥水は型壁上に泥層を形成し、若い胚になる。 さらに蒸発させ、乾燥させた後、型を剥がすことができる。 プレス成形の原理は、基本的に、金属砥石の金型加圧とアイソスタティックプレスの原理と同じです。
グラウト:石膏型または多孔質成形型を注ぐことによって、液体スラリーの30%以上までの液体水分の使用。 熱プレス成形もグラウト成形であり、その違いはパラフィンワックスと混合され、パラフィンの熱流動特性を利用して、金型を加圧下で成形して結露させた後、胚体法を得ることである。
プラスチック成形胚の使用は、あなたのグループのプラスチック状態です、それは古代の形成方法であるだけでなく、形状との形成の形で変化の最もフォーム:滑らかで超薄セラミック製品を満たすために集積回路内の回路材料は、ベルト形成方法を開発した。 ベルト形成方法は、キャスティング法とシート押出法とに分けられる。 あなたがグループを好きな後、スラリーのような前の胚の成形。 拡張メソッドの一般的な使用。
経済の発展、生活水準の向上に伴い、自動車産業の発展もますます高まっています。 今では、車の燃料が削減され、下水の量が減り、車体の重量が軽くなり、機能がより多くなり、これらの変化は金属砥粒技術の開発から恩恵を受けています。 車の金属砥石は引き続き使用され、すべての車に5kgの金属砥石が使用されています。 提案された機械の金属砥粒の使用だけでなく、提案された機械の温度を低下させる、弁座で作られた鉛と銅金属砥粒の使用は、熱伝導率は2.5倍に改善することができますが、 70度。 また、金属砥粒がチタン合金金属砥粒であり、この金属砥粒の使用は、自動車の重量を減らして自動車の寿命を延ばすことができる。 チタン合金この材料は、その低コスト、低価格、多くの利点を持って、車の使用も車の要求の精度に達することができます。 今では、ギアボックスで使用されるコーンリング技術を同期させるために車内で使用される技術を車に搭載しています。 同期コーンリングが損傷していると仮定すると、車両は運転プロセス中に変動することができず、非常に危険です。 例外的に高い精度、公差の自動車同期コーンリング技術の要件は非常に良好な嘆願、いくつかの表面の高周波硬化を使用する必要がありますので、歯の硬度は2MMの硬化層の深さ74HRAに達することができます。 主人公ではなく、技術ではないが、すべての車のための金属砥石技術は、それは不可能です。