金属粉末製品における合金粉末の利点

金属粉末製品における合金粉末の利点
固体合金粉のための金属粉は金属製品を処理する。 このプロセスでは、固体金属材料は、多くのプロセスの1つによって個々の粒子または粉末を還元する。 金属粉末は、アルミニウム、銅、青銅、ニッケル、銅、鋼、ステンレス鋼、ニッケルおよびチタンを含む多くの異なる材料でできています。
金属粉末製品は、合金粉末の製造を開始します。 アルミニウム、銅、青銅、ニッケル、ムード、スチール、ステンレススチール、チタンなどの金属が一般的に使用されている金属粉です。 加えて、合金粉末は、これらの元素の組み合わせから作ることができる。 金属粉末法を作る方法はたくさんありますが、そのうちのいくつかは、噴霧、化学沈殿、遠心分離、水素還元などの方法があります。 合金粉末、金属粉末は、製造方法として多くの利点があるので、必要なプロセスステップです。
これは、金属粉末を混合すること、死んだ状態で圧縮し、次いで焼結すること、または加熱することを含む単純な方法であり、型は固体の形状を形成する。 粉末が融解し、融合して、型の結合形状につながる。 その結果、固体金属部分が焼結金属部分ともなる。 合金パウダーは、廃棄物を最小限に抑えるため、費用効果の高い製造プロセスです。 他のタイプの金属加工プロセスの結果、製品の二次加工が大量になるか、またはスクラップ金属の破片が多量になる。
しかし、金属粉末保存剤および合金粉末の使用は、過度の完了を必要としない。 このプロセスは、単純で複雑な形状公差で完了までほぼ達成することができます。 当然のことながら、ほとんどの金属も完全であり、余分な加熱や仕上げは必要ありません。 固体金属部品をさらに熱処理すると、強度および耐摩耗性が向上する。 最良の結果と仕上げの観点から、高純度の粉末を金属密度に使用する必要があります。
粉末金属ギア機械的なハードウェアは様々な粉末によって形成されます。 合金パウダー技術は、軸間のエネルギー、運動、速度、方向を伝達します。 これらのデバイスは、業界固有のニーズに広く使用されています。 航空、農業、自動車、建設および建設、海上輸送、材料処理、医療、軍事、石油化学、製薬、発電およびロボット工学における粉末金属歯車。 メタルギヤの用途固有の要件により、いくつかのタイプやスタイル、ランプ、ランプ、チャンス、クラスター、ディファレンシャル、スパイラル、シェブロン、ハイポイド、インテリア、プラネタリ、スティミュラス、ピニオンギアのバックスクリューが導入されます。加工プロセスの数が多い、粉末金属部品は、製品会社を促進する。
粉末金属歯車を製造するために使用される合金粉末プロセスのための3つの基本ステップがある。 まず、霧化、剥離、粉砕、化学還元、電気分解などの技術を用いて、元の一次金属材料を微細な粉塵や粉塵によって還元する。 次いで、特定の量のこの粉末を、特定の材料に関連する正確な量および歯車を完成させる目的の上および下から適用される圧縮成形または型圧力に入れる。 この金型は完成し、結果はギア形状に必要です。 この形態が追い出された後、焼結を用いてヒューズ粉末を一緒に融着させる。 これらの部品を移動ベルトに入れ、制御された雰囲気炉を介してそれらを引き付け、圧縮された粉末を原料の融点よりわずかに下に加熱する。 この温度は、通常、主金属の融点の2/3の温度であるが、大きく変化する。 このようにして、金属粉末の機械的粉末は、生成された固体合金粉末の結合に変換される。